FC2ブログ
FLOWER LIBERTY
  • Author:FLOWER LIBERTY
  • リバティの講師が綴るお花の事、テーブルコーディネートの事。
  • RSS
リバぶろ
福井県越前市・福井市のテーブルコーディネート&フラワーデザインのお店「flower liberty(フラワーリバティ)」の日々をご紹介します。
最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


福井西武 迎春テーブルコーディネート
今日から 福井西武 にて “迎春 テーブルコーディネート”のイベントが始まりました


越前漆器、越前焼、越前和紙の福井の伝統工芸を使ったテーブルコーディネートや
ちょこぼんの盆栽もあり 迎春らしいとても華やかな会場となっております
販売もあります

2018年  12月 12日(水) ~ 12月 19日(水)

福井西武 5階催事場 10:00 ~ 19:30 (最終日は17時まで)

201812sb2.jpg

越前漆器や越前焼の器や、南部鉄器×越前漆器(光琳堂)の器を使ってティーの美味しい点て方の無料体験もあり 





ティーワークショップ 
12日 (水)  吉岡美紀 ティーライフアドバイザー   日本茶やその他いろいろなティー & 小菓子付き

15日 (土)  16日(日)  上木伊都子ティーテーブルコーディネーター 和紅茶や その他迎春らしい金粉入りティー
                             (しあわせを呼ぶ金粉入り和紅茶  &  小菓子付き)

11時~ 1時~ 2時~ 3時~ 4時~ (予定)





会場は竹林の中にいるような雰囲気で和紙の凛とした感じや 和の帯を使ってお正月らしさを表現してみたりと
一足早い迎春イベントです
ぜひ竹林の中で迎春のテーブルコーディネートとティータイム お気軽に遊びにきてくださいね

フラワーリバティホームページはこちら




スポンサーサイト
福井西武 迎春テーブルコーディネートイベント

福井西武 にて 「迎春 テーブルコーディネート」のイベントをさせていただきます


2018年  12月 12日(水) ~ 12月 19日(水)

福井西武 5階催事場 10:00 ~ 19:30 (最終日は17時まで)


迎春に向けてのテーブルコーディネートと 福井の伝統工芸 越前焼・越前漆器・越前和紙・越前箪笥など
福井の工芸作家さんの器を使って お正月の華やかなテーブルを演出します
販売コーナーもあります

201812sb1.jpg
迎春イメージテーブル↑



総合プロデュース 上木恵美子

テーブルコーディネート・ティーテーブル 上木美枝 




また展示期間、3日間の期間限定で 越前漆器、越前焼の器を使って 
ティーの美味しい飲み方やちょっとしたテーブルのコツなどワークショップを
無料でさせていただきます

ティーワークショップ 
12日 (水)  吉岡美紀 ティーライフアドバイザー   日本茶やその他いろいろなティー 
15日 (土)  16日(日)  上木伊都子ティーテーブルコーディネーター 和紅茶や その他迎春らしい金粉入りティー
                             (しあわせを呼ぶ金粉入り和紅茶)

11時~ 1時~ 2時~ 3時~ 4時~ (予定)


ちょっと早めの迎春の空間の中でぜひテーブルコーディネート、ティータイムをお楽しみください


フラワーリバティホームページはこちら
monocan ハロウィンイベント
ハロウィン特別企画 MONO CAN
10月21日(日)の ハロウィン イベント 
Trick or treat ! にかけて「鶏食う or 鶏イート 」 にて
ちょっと大人なテーブルコーディネートをさせていただきました





今回も越前和紙、越前漆器、越前漆器を使って華やかに演出↓

201810mono1.jpg








201810mono3.jpg


越前和紙を使ってテーブルランナーを黒色和紙にする事によって大人なハロウィン感に↑

そしていつもお世話になっております モノづくりキャンパスのレーザーカッターで
コウモリやクモの巣と蜘蛛、オバケなど作っていただきました↓
黒色の和紙に繊細なクモの巣を置いたり、お花の上に飾ってもとっても映えます
人の手では絶対に切れないカットですね
201810mono4.jpg


普段では蜘蛛やクモの巣にひっかたりするとものすごくイヤなのですが
このハロウインの季節だけはカボチャのお化けやクモの巣もなんだか可愛くみえてきます

越前焼も渋い秋の季節にぴったりの器ですね
苔玉を作ってのせて県外の方にプレゼントしたことがあり越前焼の器も大変喜ばれました
秋の風情にピッタリです



ガラスに見える大きな器ですが越前漆器で購入したものでオレンジのラインに漆が塗られておりハロウインの柄にピッタリです
サラダ盛りなどパーティーにも使うととても栄えますが、今回は小さいカボチャも乗せてお花をアレンジしました
201810mono5.jpg




ハロウイン感を演出する為に ニシキギというゴツゴツした木々を使い立体的に枝を組んでゆき、
秋の流れのように作り上げたところに秋のお花やキャンドルを入れたり
201810mono2.jpg

本物のカボチャをくり抜いて本当はキャンドルを入れてランタンをするところですが
お花を入れて可愛らしく演出しました
201810mono9.jpg










お料理担当は欧風食堂 サラマンジェフオーナーシェフの藤井正和さん
「福地鶏のハロウィンパスタ」と「福地鶏のハロウィングラタン」
素材の味を生かし、あまり調味料を使わない調理の仕方を教えていただきみなさまも調理開始

調理をするとき、洋風の料理だとコンソメやバターなどついつい入れてしまいがちですが
最小限の味付けだけでこんなに素材の味が生かされた調理方法にとても勉強になりました
201810mono6.jpg


201810mono7.jpg


最後はハロウインテーブルの上にお料理を飾って アレンジのキャンドルに灯りをつけて
みなさんでいただきます
201810mono8.jpg
お家ではなかなかキャンドルをつけてお食事なんてできないので
こんな風に灯りを見ながらお食事が出来るのは特別感がでますね

私も秋の華やかなお花を見ながらキャンドルの灯りを見てホッコリとし
ハロウインの季節を感じる事ができて幸せでした
秋はイベントがたくさんあって忙しく流れていきますがこのようにテーブルランナーをひいたり
季節のランチョンマット、カボチャやお花を飾ったり置いたりするだけでも華やかになります
忙しい時だからこそ秋の季節を楽しみたいですね


フラワーリバティホームページはこちら




越前焼 窯元 × テーブルコーディネート展
越前陶芸村 文化交流会館にて
越前焼の陶房作家さんのそれぞれの器でテーブルコーディネート展


2018年 9月15日(土) ~  10月28日(日)まで
月曜日はお休み   無料
越前陶芸村文化交流会館 のホームページはこちら。









今回越前焼で初めて 1テーブルに 1陶芸作家さんの器という贅沢なテーブルコーディネートをさせていただきました
あらかじめ陶房作家さんの器を選定させていただき↓(たくさんありがとうございました)
悩みに悩み、5テーブルでの作家さんを使わせていただきます
201808tgm7.jpg










越前焼を使ったテーブルコーディネート展
201809tgm2.jpg




実りの秋 ~No.1~
(~No.2は越前焼の館にあります)→越前焼の館の秋ディスプレイりばぶろ←はこちら


201809tgm3.jpg




柳瀬陶房さんの器を使って
飴色の器がとっても秋らしくモダンに演出
201809tgm5.jpg






泰陶房・服部泰美さんの器を使って
一度見たら忘れられない深い緑色の器に服部さんの可愛らしさを感じる小物たちに
本物の植物をテーブルのランナーにして 緑を演出
201809tgm6.jpg
おにぎりやきのこの箸置き とってもかわいいです






陶彩窯 大森正人さんの器を使って
201809tgm8.jpg



201809tgm7.jpg








さくら工房, 桜井慶子を使ってテーブルコーディネート中
201809tgm9.jpg









桃山窯, 木村好博,  黒×白が印象的な大胆な色使い
この器をイメージしてテーブルコーディネートをしております
201809tgm10.jpg
テーブルコーディネートのテーマやコンセプトはぜひ作品展でみてくださいね





10月20日(土)21日(日)には越前陶芸村の秋お祭り
「越前秋季 陶芸際」 が開かれます
IMG_20180918_0001.jpg
IMG_20180918_0002.jpg
県内の越前焼はもちろん、県外のやきものの作家さん、
ワークショップや食べ物もたくさん
秋のピクニックや秋のお祭りに訪れた時にはぜひ 文化交流会館の作品展も見てくださいね





フラワーリバティホームページはこちら

monocan 伝統工芸 × フルーツ

mono can イベント  
「伝統工芸 × フルーツ」
いろいろなフルーツを使ってフルーツサンドイッチ

越前の伝統工芸、 越前箪笥職人が作ったまな板(Kikoru 小柳タンスさん)
越前打刃物のナイフ(RYUSENさん)でフルーツやパンをカット

そして講師は エスポワール オーナーシェフ 椿原徹也さん

伝統工芸に親しみながらみんなでサンドイッチを作ります




そのサンドイッチを作った後、みなさんでお食事されるテーブル上のコーディネートをさせていただきました
福井の伝統工芸品を使ったコーディネートが満載です
201809mo1.jpg






201809mo4.jpg
越前焼のお皿や御猪口を使ったお花  越前焼の渋い色合いが秋の風情にピッタリですね







201809mo2.jpg
こちらはいつもお世話になっております越前和紙で作られた立体葡萄&リンゴ
デザインラボのレーザーカッターで和紙をカットされて立体の形になっております
越前和紙の可能性もまだまだ無限大です
越前和紙のランチョンマット
201809mono5.jpg






今回のテーマがフルーツでしたので、今が旬のぶどうをたくさん使って作品作り
葡萄棚をイメージして棚を作り、本当の葡萄を吊りまるで葡萄畑のような所でお食事しているような雰囲気
椅子に座るとちょうど目の前にぶどうがリンリンと生っております
201809mono11.jpg
実は以前金沢の方で果てしなく続く葡萄畑を見ながらランチをいただける所に行って
そのおいしそうな葡萄がリンリンと生っている姿を見ながらティーを飲んだりと至福の時間でした
その雰囲気が忘れられず、今回もみなさんに味わっていただこうとコーディネートしてみました

葡萄が生っている姿を見ながら美味しい葡萄を食べるなんてとっても素敵な時間、、、私も幸せです




201809mono3.jpg
こちらは本当のリンゴを使ってスライスしてお花を入れました

越前漆器の土台でアレンジしたり 高台にした木目に見える台も河田の漆器屋で購入したもの



201809mono4.jpg
テーブル上は秋のフルーツがいっぱい いい香りに包まれております










今回は40人ほどの応募があったそうで参加された方はとっっってもラッキーです
伝統工芸のまな板と包丁の切れ味は最高だそうで
参加された方のお声では「パンもスパッと切れますよ~」「フルーツも簡単に切れます」と包丁の切れ味を堪能
まな板もカビないように加工されていたりと小柳タンスさんの職人のこだわりを感じます
201809mono7.jpg









フルーツサンドイッチの シェフの作品↓
201809mono9.jpg








包丁の切れ味素晴らしいです! 断面図
201809mono10.jpg












みなさんも完成です!! 越前焼のお皿にフルーツいっぱい
秋の味覚のフルーツが色鮮やかです
201809mono8.jpg

9月に入って少しずつ秋らしくなってきましたので渋め色の越前焼や越前漆器を取り入れてみたり 
そして越前和紙もランチョンマットにしてみたりと秋色を食卓に取り入れてみるのもいいですね
そして秋の風情のあるものや好きなお花、一輪でもいいので食卓にお花を飾ってみてくださいね
食事をしながらとっても癒されますしいつもの食卓が華やかになります

暑い夏もやっと終わり、少しずつ秋の季節を楽しみたいですね




フラワーリバティホームページはこちら