FLOWER LIBERTY
  • Author:FLOWER LIBERTY
  • リバティの講師が綴るお花の事、テーブルコーディネートの事。
  • RSS
リバぶろ
福井県越前市・福井市のテーブルコーディネート&フラワーデザインのお店「flower liberty(フラワーリバティ)」の日々をご紹介します。
最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


東京ドーム テーブルウェアフェス2017 ②
東京ドーム テーブルウェアフェスティバル2017 ①のつづきで・・・




1月29日 開会式
オープニングセレモニーの音楽が流れ、去年はあの場所に立っていたのだなとしみじみ
そして、今はこの素晴らしい場所に立てている事にまたまた感激



高円宮妃久子殿下が来られ、作品をじっくりと見ていただきました
テーブルコーディネートや福井県の伝統工芸器など説明し、今回の漆器作品を興味深く見てくださりました

ものすごく緊張いたしましたが気さくにお話しくださり↓
2017ttd6.jpg





前回もご紹介いたしましたが、改めて
このコラボ作品に向けて工藤さんに漆器を作っていただきました
月型の漆器・立体型で中に空間のある漆器
どちらもあたたかみのある素晴らしい器です
2017ttd10.jpg




このコラボに向けて たくさんのご協力をいただきました
いつもお世話になっております、越前焼協同組合 越前陶芸村 越前の館のホームページはこちら。
↑のコーディネート器は越前焼の館にて


そして今回、新たに出会いがあり山久漆工さんの素晴らしいシャンパングラス↓
上はグラスで持ち手部分は木のぬくもり
今回の作品に向けてシャンパングラスを半年前から探しておりましたが、なかなか見つからず諦めていたところ
新しい出会いがあり今回の作品に繋がりました。出会いとは本当に不思議なものです
山久漆工さんは福井県鯖江市河和田町に本社があり、南青山にもショールームをされており
器もモダンな作りでコーディネーターとしてもあれもこれも使いたい器ばかり
山久漆工ホームページはこちら
2017ttd11.jpg



見てくださるお客様も足を止めて、「受賞者同士のコラボ作品もいいわね~」「この漆器すごい」
「こんなシャンパングラス見た事ない」「この木の皮張り付けたのかしら」「こんな所で食事したい」などなど

初日は日曜日でものすごい人でしたが次の日平日もたくさんの方が写真をいろんな角度で撮られており
こんな素晴らしい場所でみんなに見ていただき本当に幸せものです






私は16年前にテーブルコーディネートと出会い、東京に住んでいる頃に東京ドームのテーブルウェア
コンテストを見てこんな世界があるのだと知り、私も出して挑戦してみたいと思っておりました
それから初めてコンテストに出たのは10年前、右も左も分からないままこのドームに出れるだけで幸せでした
まだまだ勉強が足りないと必死で、挑戦するたび落ち込んだり、もう今回でやめようと何回も何度も思いました
が、やっぱりこの東京ドームのテーブルウェアの場所は素晴らしい場所で魅力があるのです


去年の作品もそうでしたが、今回のコラボ作品が出来上がったのは
今まで出会った人々、時間、場所、それぞれの思い・・・すべての方々のおかげであります
この素晴らしい場所、コラボ作品に飾れる日が来るなんて感動です
みなさまの出会いに感謝して・・・本当にありがとうございました

2月6日(月)まで 東京ドーム テーブルウェアフェスティバル2017



フラワーリバティホームページはこちら







そしてテーブルウェアフェスティバル2017 テーブルコーディネート部門 大賞はこちら↓
2017ttd12.jpg
「博士の愛したディナー」
科学者のディナーで器もすばらしくまさにノーベル賞です
おめでとうございます! 



スポンサーサイト
東京ドーム テーブルウェアフェス2017
東京ドーム テーブルウェアフェスティバル 2017
今年も始まりました


そしてそして、今年は2016年度の部門1・同じく“最優秀賞”&“東京都知事賞”を受賞いたしました
漆作家の工藤さんとの 特別招待テーブルコーディネートコラボレーション作品に展示行ってまいりました

フラワーリバティ←ブログ東京ドーム2016テーブル受賞作品





初めて東京ドームのテーブルコンテストに出展した時は10年前、
それからの東京ドームは裏から入って、また裏から出ていくので
だいたい緊張しているか、落ち込んでいるか、ショックを受けているか、まだまだ勉強足りないなと思ったり・・・
水道橋駅から降りるといつのまにか緊迫した気持ちになるから不思議です



でも今回はいつものコンテストと違って気持ちに余裕があり、
東京ドームってこんなに綺麗だったんだとキラキラなイルミネーションに感動
2017ttd2.jpg

いままで下ばかり向いていたんだな~と こんな綺麗なキラキラが見れて幸せだな~と
2人でしみじみ・・・ 












テーブルコーディネート、コラボレーション 作品展示

2016年受賞、漆作家の工藤さんの作品↓
2017ttd8.jpg

写真ですとフラッシュ等で分かりにくいですが あたたかみのある漆の色合いです

前日に工藤さんと一緒に↓
作家さんとまさかつくれるなんて、コラボレーションの醍醐味です
2017ttd1.jpg






このコラボレーションの企画打ち合わせが始まったのは半年前
千葉県にある、工藤さんの工房を訪れたとき
自然の豊かさ、大地からのエネルギーを感じ、器からイメージを膨らまして今回テーブルコーディネートを作り上げました


2017ttd3.jpg





木の皮や木の小枝を自然からいただき、木の皮を張り付けたり↓作り上げました
森の中にいるような雰囲気

2017ttd5.jpg




真ん中の受賞した器&このコラボに向けて他にも漆器を作っていただきました↓
2017ttd4.jpg







前回、ブログで紹介いたしました木の小枝を使っての作品
地味に作っていたのが こんな素晴らしい場所で飾られて作品もとても嬉しそうです↓
2017ttd9.jpg





そして、開会式・・・
次のブログでご紹介いたします ②へつづく→



テーブルウェアフェスティバル 2017 開催中 ~2月6日(月)まで
東京ドームテーブルウエア公式ホームページ




フラワーリバティホームページはこちら



テーブルウェア・フェスティバル2017 コラボ展示

東京ドーム
テーブルウェア・フェスティバル2017 ~暮らしを彩る器展~
2017年1月29日(日) ~ 2月6日(日) 

2017tdtwt1.jpg

今回のイベントでは ~北欧DESIGN~↑ 
人気デザイナーによるテーブルウエアやヴィンテージ食器、家具、照明器具、キッチンウエアなど
北欧好きには楽しみ♪初イベントも開催されます





そして 去年、最優秀賞&東京都知事賞を受賞いたしました受賞者コラボレーション
特別招待展示をさせていただきます
こちらも夏から動き出して作家、工藤さんの工房を訪れたり 展示のイメージを含まらしたり
とても光栄な展示場所に緊張もしておりますが いまからとても楽しみなイベントです

テーブルウエアフェスティバルホームページはこちら


フラワーリバティホームページはこちら



テーブルウェア最終打ち合わせ
来年1月東京ドーム テーブルウェアフェスティバル2017 受賞者コラボレーション展示最終打ち合わせに
東京へ行ってまいりました


NHKアートにてテーブルイメージを膨らまし壁のデザインや床、背景などデザインがポンポンと決まってゆき
最終打ち合わせは終了
td2016111.jpg
夏の始まった頃は 本当にできるのか不安ばかりですが プロの方々がたくさんいらっしゃって
とても分かりやすく説明してくださりあとは来年の東京ドームに向けてどんな空間が出来上がるのかワクワクです





打ち合わせの帰り道にコーヒーが世界一美味しいと言われているノルウェー生まれのお店
「FUGLEN TOKYO」 に寄り道
td2016113.jpg
お昼はコーヒー 夜にはカクテルも飲めるそうです

店内はヴィンテージ家具や器も並べてあり ゆったりとコーヒー飲んだり、外でビールを飲んでる人などなど
ノルウェー時間が流れている感じ
td2016112.jpg
本日のコーヒーとエスプレッソをいただきました
爽やかな酸味があるコーヒーで豆本来の味がしてすごく美味しい~
コーヒーはそんなに詳しくないのですが これが本場の味かーと北欧時間を楽しみながら、今日の充実した一日をホッコリ味わいました


フラワーリバティホームページはこちら

東京ドーム コラボ作品企画

来年の冬、 東京ドームのテーブルウェア2017 に向けての受賞者コラボレーション展示企画 はじまりました

tokyod3.jpg





7月上旬、今年コンテストにて受賞した作家、テーブル、イベント関係者の顔合わせも終わり、
コラボさせていただく、同じ最優秀賞&東京都知事賞の漆器作家工藤さん
アマチュアの受賞ですがアマチュアとは思えないシルエット素敵な漆器作家さんです

受賞の工藤さん作品↓
tokyod5.jpg






千葉県の大西長利先生 願船漆工房の場所で作家活動されている工藤さん↓

tokyod1.jpg


東京から1時間ほどですが、どこか懐かしい雰囲気で竹林もあり漆の木もあり・・・
とても贅沢な空間
tokyod2.jpg



建物の中には大西先生の作品もあり美術館やギャラリーに飾られているようなものばかり
スケールが大きくてドキドキしっぱなしでした

古民家のお家の中には冬に使う窯が 兜のデザインで↓
tokyod6.jpg
最近は外国の方も来られるそうで日本の文化も外国の人たちに人気なのだそう



今回は作家さんの工房にお邪魔させていただき詳しい器のお話、コラボの中身をじっくり煮詰めてゆきました
まだ来年なので詳しいお話はできませんがどんな器か私もわくわくです♪




まだ半年以上先のコラボ企画ですが東京ドームのテーブルイベントはもう動きだしているのですね~


工藤さんの漆器イメージを今回肌で感じとりましたのでその繊細な器を生かしてテーブルウェアを素敵に演出できたらと思います





今回改めて感じたのは、こんな貴重な経験をさせていただいて本当に感謝の一言です
周りのイベント関係者の豊富な知識、支える方、イベントを盛り上げてもっといい会場にしたいというエネルギー
もうすべてが勉強になります


次回は秋ごろに向けてブース内のイメージ、テーブル、空間を膨らましてまた東京で打つ合わせの予定です




夏の富士山↓新幹線より
tokyod4.jpg



フラワーリバティホームページはこちら